ビーチサンダル /【HAYN】MENS / HUF
5e89a989e20b0434348d0910 5e89a989e20b0434348d0910 5e89a989e20b0434348d0910 5e89a989e20b0434348d0910 5e89a989e20b0434348d0910

ビーチサンダル /【HAYN】MENS / HUF

4,400 JPY

About shipping cost

  • Plant Life RKW /ブラック/25cm

    SOLD OUT

  • Plant Life RKW/ブラック/26cm

    Last 2

  • Plant Life RKW/ブラック/27cm

    Last 2

  • Plant Life RKW/ブラック/28cm

    Last 2

  • Plant Life RWB/ネイビー/25cm

    SOLD OUT

  • Plant Life RWB/ネイビー/26cm

    Last 2

  • Plant Life RWB/ネイビー/27cm

    Last 2

  • Plant Life RWB/ネイビー/28cm

    Last 2

HAYN × HUFコラボモデル ////////////////////////////////////// 【HAYN】 HAYNは、ハワイ・ホノルル生まれのビーチサンダルブランド。 天然ココナッツウォーター100%のスポーツドリンクを作る「Waiola(ワイオラ)」。 その創業者であるデイヴィッド・リン氏と、日本でカリスマ的な人気を誇るストリートブランド「BEDWIN&THE HEARTBREAKERS(ベドウィン アンド ザ ハートブレイカーズ)」のディレクター、渡辺真史氏によって、2015年に誕生しました。 ////////////////////////////////////////// 天然素材の「5Lラバー」 柔軟性・弾力性に優れた天然ゴムを使用しています。ゴムはその名の通り「ゴムの木」から採れる樹液を原料にした天然素材で、この樹液を「ラテックス」と呼びます。ラテックスを2ヶ月もの期間を要すし極上の「5Lラバー」に仕上げることで、天然素材ならではのしなやかで心地良い足触りを提供します。100%リサイクルが可能な環境にも優しいモノ作りをしています。またゴムの木そのものも他の農作物に比べて環境負荷が少なく済むと言われています。さらに二酸化炭素吸収力が強いため、地球温暖化を防いでくれます。合成ゴムではなしえない、エコロジーなサイクルが生まれます。 2層式のソール 全てのモデルに共通する密度の異なる2層式のソール。足が触れるフットベッド部分はクッショニングが柔らかく、地面の接地面となるアウトソールは硬くしっかりと着地をサポート。フットベッドとアウトソールが一体型のビーチサンダルがほとんどの中、このさりげなく大胆なソールの構造が履き心地を格段にアップしています。厚みは無くても地面を確実に捉え、次の一歩に繋げる快適なディテールです。 最終的な「顔」を決める手作業の工程 製造そのものは工場生産ですが、細かなフォルムの調整や仕上げといった重要なポイントに手作業を組み込んだモノ作りを行なっています。ブランド自体はハワイ生まれですが、生産はハワイでは行なっておらず、サンダル職人がたくさんいる暑い気候のタイで作られています。インドネシアで生産している高品質・低価格なシューズメーカーにジャランスリワヤがありますが、それに近いモノ作り、といえば良いでしょうか。とにかくアジアというだけで偏見を持ってはいけない良い例です。サンダルと言えど仕上げは素晴らしい出来。 同じモデルでもメンズサイズとウィメンズサイズで細かく異なります。例えばつま先の外側からグッと内側に入ったライン作りや、土踏まずのシェイプ、鼻緒の細さなど、メンズモデルに比べウィメンズモデルはより女性の足に近い形状で作られていることが分かります。サイズ感だけでなく、同時に男性らしさ・女性らしさも表現しています。 //////////////////////////////////// 【HUF】 HUF(ハフ)の創設者Keith Hufnagel(キース・ハフナゲル)は80年代後半、舗装もされていないNew Yorkの路地でスケボーして育った。当時スケートボードとはパンクやヒップホップのように荒くれ者のカウンターカルチャー(反体制文化)として一般に受け入れられてはいなかった。そしてそんな環境がHufnagelの物の見方や考え方の基盤を造り上げた。 1992年、Hufnagelはスケボーをさらに追求しようとSan Franciscoに移り住んだ。そして間もなくプロスケーターになり、スケボーを通して世界中を旅して廻るという環境に恵まれた。”do-it-yourself”スタイルでスケボーしながら育ち、そんな自分を作り上げたSan Franciscoテンダーロインディストリクトの片隅に、それまで他に無かったスタイルの小さいブティックをオープンさせた。Hufnagelはスケートボード、ストリートファッション、そしてスニーカーなどの各分野で最もリスペクトされているブランドを取り扱う店を目指し”HUF”と名付け、ベイエリアで入手困難な商品が手に入るプレミアショップとして瞬く間に広がっていった。 ショップの急速な成長とその人気を確信したHufnagelは、スケートボード、ストリートファッション、スニーカー文化を落とし込んだ自身のブランド ”HUF” を立ち上げた。そして約12年が経ち、HUFはプレミアムアパレル、フットウェアー、そしてスケートボードグッズを提供するまでのブランドに成長した。 ブランド成長とともにいろいろな変化を遂げながらも、Hufnagelはコアとなる変わらぬ信念を持ち続けている。彼にとってのスケートボードとは単なる”ホビー”や、”スポーツ”と片付けてしまえる単純な物ではなく、人生の一つのあり方として見ている。それは様々な種類のカウンターカルチャーを掛け合わせた一つのライフスタイルであり、アーティストやミュージシャン、フォトグラファー、その他あらゆるクリエイティブな個々がスケートボードの枠を超えて繋がる世界である。 HUFはクラシックなアメリカの職人技、色褪せないヴィンテージデザイン、そして現代の洗練された実用性のあるディテールを落とし込んだ、過去と現代を融合した新しく良質な商品作りを目指している。長年着込まれても耐え抜いてきた頑丈なヴィンテージの生地や構造を取り入れて、今日のスケボーの激しい動きにも十分に耐えられる商品を作り出す。また、カジュアルなグラフィックやスローガンの中に、知的な要素とその反面、ある意味無頓着な要素を掛け合わせた、まるでスケーターとアーティストの融合のような物作りである。 Hufnagelの最優先は常にスケボーし続ける事。彼はHUFの商品と、 HUFが提供できる様々な可能性を通して、スケート、ストリート、スニーカーコミュニティーという自分を築き上げてくれた環境に、彼なりのリスペクト、恩返しとして貢献し続けていく。HufnagelはHUFのディレクターとして商品作りに関わる傍ら、彼のチームライダーやスケート友達と世界中をツアーし続ける事により、常に独自のビジョンを磨き続けている。 スケートボーダーによるブランドHUFは、単に洗練された最先端のスケートブランドではなく、スケートボードに共鳴する様々なカウンターカルチャーに精通する人々に向けたブランドである。ステータスにとらわれずに自分の将来は自分で造れ。do it yourself, do it in style.