【小さいふ 】ペケーニョ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/12

【小さいふ 】ペケーニョ

10,780 JPY

About shipping cost

  • フレンチトースト

    SOLD OUT

  • ブラックベリー

    Last 1

  • ブラックコーヒー

    Last 1

【小さいふ 】 『小さい財布』だから 『小さいふ』! お財布が小さくなればあなたはもっと自由になれる。 小さい財布・極小財布・ミニ財布を大阪の秘密基地にて全てハンドメイドで創り続けるファクトリーブランド ///////////////////////////////////// 【小さいふ。ペケーニョ】クアトロガッツの最高傑作 カード 約6枚・小銭 約20~30枚・お札 約20枚と 小さい財布ながらお財布として必要なものは全部入って92mm×75mm(一般的な名刺サイズが91mm×55mm)の極小財布。 ポケットや小さなバッグにもすっぽり入るちぃ財布はさまざまなシーンで大活躍! あまり大きなお財布を持ちづらい通勤・通学にもちい財布ならスーツ・シャツの胸ポケットに入って便利です。 小さい財布ながら、素材にはエイジングが素晴らしい日本最高峰の 栃木レザー社製のヌメ革を使用しています。 //////////////////////////////////////////// ①フレンチトースト 表の革はネイビー、中はレッドと ホワイトのトリコロールカラー! 男性女性問わず一番人気です。 ネイビーという色 青色(紺)といえば海や空など、人知の及ばない神秘的な色として 古くから多くの人に愛されてきました。 青色(紺)が与える効果としてはリラックスした気持ちにさせてくれたり 怒りを鎮める・集中力を高めるなどの効果があります。 また、人に与える印象としては清潔・知性・信頼・誠実・冷静など 企業のロゴにも多く使われているのはそういった理由があるのかも。 フレンチトースト フレンチトーストといえば映画「クレイマー、クレイマー」、お父さんが頑張ってつくるフレンチトーストはなぜだかとても美味しそう。 この映画でついつくってみた方も多いのではないでしょうか。 実はフレンチトーストという名前をつけたのはアメリカで、命名以前よりヨーロッパを中心に広くつくられていたようです。 フランスではフレンチトーストを「失われたパン(pain perdu)」と呼び前日の硬くなったパン(失われたパン)を「生き返らせる」という意味が含まれている、といいます。 まるで「星の王子様」で有名なサン=テグジュペリのようなフランス文学の香りを感じさせる詩的なネーミングですね。 フレンチトーストくん(ちゃん?)も朝の慌ただしい時間にパッとカバンやポケットにすっぽり入る小ささであなたをサポートします。 ②ブラックベリー 表はブラック、中はレッド&ブラック ちょっとマッドでクール 意外と珍しい赤×黒 レッド(赤)という色 レッド(赤)という色は食べ物や太陽・血液など、人が生きることに重要なものが多く、本能的に強い刺激を感じる色です。 赤色が与える効果・イメージとしては気持ちを奮い起こす・食欲を増進させる・関心を集める、など元気がほしい時にも最適な色です。 ブラック(黒)という色 全ての色の中でもとくに異彩を放つ(無彩色ですが)黒。 黒という色は光を反射せずすべての色の光を吸収・遮断してしまう色。 クレジットカードの最上級がゴールドカードではなくブラックカードであるように 黒という色には高級さや威厳・格式、極限的なイメージを感じさせるカラーです。 また、「何色にも染まらない」という性質から 裁判官やスポーツの審判員などの衣類にも使用されています。 ブラックベリー ブラックベリーの歴史は古く、古代ギリシャ・ネイティブアメリカンなどの間でも野生のブラックベリーが豊富なビタミンとポリフェノール、そしてその美味しさから長く食べられてきました。 ヨーロッパからアメリカ大陸へ渡って来た人々が冬期に食べ物の不足で苦しんでいた時、ネイティブアメリカンの人々が保存食にしていた乾燥ベリー入りのスープを分けてもらい生き延びた、という話も残っています。 またスウェーデンでも胃腸の調子が悪いときにはベリーのスープを飲むようです。 このブラックベリーくん(ちゃん?)もいつでもポケットからあなたの元気と楽しむ時間を応援しています。 ③ブラックコーヒー 表の革から中まで全てブラック! Paint It, Black! ストイックなカラーリングはビジネスにも最適です。 ブラック(黒)という色 全ての色の中でもとくに異彩を放つ(無彩色ですが)黒。 黒という色は光を反射せずすべての色の光を吸収・遮断してしまう色。 クレジットカードの最上級がゴールドカードではなくブラックカードであるように 黒という色には高級さや威厳・格式、極限的なイメージを感じさせるカラーです。 また、「何色にも染まらない」という性質から 裁判官やスポーツの審判員などの衣類にも使用されています。 ブラックコーヒー 昔アラブの偉いお坊さんが、恋を忘れた哀れな男に~♪と コーヒールンバでも歌われていますがコーヒーの発生についてはいくつかの説がありエチオピアやモカ(イエメン)・アデン(イエメン)など、アフリカ~アラビア半島と言われています。 日本への伝来は意外と早く18世紀には長崎の出島へ来ていたようです。 ただ「焦げ臭くして味ふるに堪えず」との記述が残っており当時はあまり受け入れられなかったようです。 現在のように一般的に広まったのは明治ごろらしくはじめて本格的な喫茶店として開店した「可否茶館」ではトランプやビリヤード、国内外の新聞や書籍、化粧室やシャワー室・・・など「コーヒーを飲みながら知識を吸収し、文化交流をする場」がコンセプトだったようで、今も昔もコーヒーには交流や座談など+αがついていたのですね。 ポケットにすっぽり入れれば散歩の途中にちょっとカフェに寄ってみたり仕事でも休憩にちょっと缶コーヒーで一服したりこのブラックコーヒーくん(ちゃん?)もあなたの人生の+αになれると幸いです。